MENU
よぐるん
50代主婦が、日々の暮らしのなかで感じたこと・気づいたことなどを綴っております。

【引き戸の戸車】交換したら、長年住んでいるお家がもっと快適になった件。

当ページのリンクには広告が含まれています。
  • URLをコピーしました!

戸建てに住んでおよそ15年、家はどんな時も私たち家族を見守ってくれました。

おかげで子どもたちは無事社会人となり、生活も随分静かに。

家も気が緩んできたのでしょう、所々不具合が出てきています。(ただの経年劣化です)

引き戸も、そう。
動きが少しづつ重たくなり、ついに”襖か?”と思うほどの滑り具合・・・。

今回は、今まで家族を見守ってくれた「引き戸」を再生すべく、我が家がどうしたのかお話させてください。

ネタバレですが、戸車を交換しただけの話でございます。

目次
スポンサーリンク

我が家の引き戸再生計画

before

after

引き戸の状態を見る

引き戸の状態を見るために一度、外してみることにしました。

すると、戸車の軸にホコリなどがからまっていて…。
しかも戸車は割れていました。

これでは引き戸の動きが重たくなるハズ。

家族の喜怒哀楽を一手に引受けすぎたせいか、ついに戸車が力尽きたようです。

引き戸の戸車を交換してみた

①戸車が取付けている状態

②ビスを外すと取れます

③戸車が入っていない状態

④新しい戸車を取付けます

戸車を交換しようとネットで検索。

我が家の引き戸に取り付けてあったのは、EIDAI ( 永大産業 ) というメーカーの商品。

ですが、すでに廃番になっていました。
代替品が販売されていたので即購入。

戸車の交換はビスの締め付けだけで、超簡単です!

交換後、引き戸をもとに戻し、開閉確認。
あまりにもスムーズに開閉できたので驚きました。

正直、戸車の価格にしてはちょっと高いかな、と。
購入するのをためらいましたが、こんなに改善できたので買ってよかったです。

引き戸のすべりがよくない時に想定できる点は?

さてさて今回の事案、我が家の場合は戸車が原因でした。

そもそも、引き戸のすべりがよくない時とは?
想定できる点として、”戸車の故障”を含め、大きく3つ考えられます。

・戸車の故障
・レールの故障
・ドアのゆがみや傷

引き戸の故障が疑われる場合は、まず、戸車やレールに異常がないか確認が大事!

異常が見つかった場合は、修理または交換が必要です。

戸車の故障

戸車は、引き戸の動きに合わせて、戸をレール上を滑らせる役割をしています。
原因としては、以下のようなものが挙げられます。

・経年劣化による摩耗
・強い力で引き戸を引いたり押したりしたことによる破損
・戸車の設置位置がずれていることによる摩擦

レールの故障

レールは、戸車が滑る道筋となるもの。
原因としては、以下のようなものが挙げられます。

・経年劣化による摩耗
・戸車の摩擦による傷み
・レールの歪みや変形
・レールの取り付け位置がずれていることによる摩擦

ドアのゆがみや傷み

ドア自体にゆがみや傷みがあると、引き戸がスムーズに開閉できなくなります。
原因としては、以下のようなものが挙げられます

・地震などの災害による衝撃
・強い力で引き戸を引いたり押したりしたことによる衝撃
・ドアの重量による負荷

さいごに

ということで、”我が家の引き戸再生計画”はいかがでしたでしょうか?

引き戸1枚分の戸車を交換したあとから、ほかの引き戸の調子が悪くなっていき、結局すべての引き戸の戸車を交換してしまいました。

お陰さまで引き戸たちは、毎日スムーズに開閉しております。

ただ、勢いよく引き戸が滑るものですから、強めに戸当りしてしまう時がしばしば…。

これからも長い付き合いになりそうなので、大事に扱わないといけませんね。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次